[開催報告] 7/31(金) 9/2(水) スリング講座 開催しました

少し前になりますが、ベビースリング講座の開催報告をさせて頂きますね。

いつのまにか写真がメインになってる当サロンですが、実はスリングについての講座もやっています。

スリングを使いこなせずお蔵入りしている人の話を聞くたびに、スリングの使い方を覚えると育児が本当に楽になるんだよ!というのをお伝えしたくて、開催頻度は多くないですが講座を構えています。

7/31(金) ベビースリング講座

7/31(金)に開催したベビースリング講座は、私の自宅での講座でした。

初めての育児で腱鞘炎になってしまい、日常の抱っこの負担を軽減できないかというママからの問合せで開催したスリング講座です。

溝の口からお越しいただきました。ありがとうございます。

生後1ヶ月で参加してくれたKくん、最後はママのスリング抱っこでスヤスヤと眠ってくれました。

お下がりで頂いたというリング有りスリングを持参頂きましたが、リング操作になかなか慣れず苦戦しておられましたので、リング無しスリングの akoako スリング をお勧めさせて頂きました。

リング有りスリングは、使い方に慣れるまで少し時間がかかります。

スリング抱っこの正しいフィット感と、リング操作の2つを覚えないとならず、その2つを同時に覚えることに苦戦してスリングの利用自体を諦めてしまう方もいます。

私はそういう場合、無理にリング有りスリングで練習を続けるよりも、一度リング無しスリングでの正しい抱っこの感覚に慣れてもらってから、その後リング有りスリングに移行する・併用することをお勧めしています。

スリング抱っこの感覚をリング無しスリングで掴めてしまえば、後はリング操作を覚えるだけですから!

そして、リング無しスリングと、リング有りスリングの両方を使いこなせると、メリット・デメリットに応じて使い分けもできますし、洗い替えにもなるので、個人的にはとてもお勧めです。

Kくん、もうかなり大きくなったでしょうが、スリングで今でも抱っこしてもらっているかな〜。

9/2(水) 抱っことおんぶの特別スリング講座

鍼灸サロンとうかい堂で開催した特別講座です。

この講座では、私は講師ではなくカメラマンとしての参加で、ベビーウェアコンシェルジュの柳川友紀さんをスリング講師に招いての開催でした。

柳川さんは、モーハウスという授乳服メーカーで働くワーキングマザーでもあるのですが、そのモーハウスの店舗で働きながらお客さんにスリングも教えているそうです。

ご縁があってお知り合いになれたので、ぜひスリング講座を川崎でやってみませんかとお声がけさせて頂いて、講座開催となりました。

抱っこだけでなく、昔ながらのおんぶ紐や兵児帯の使い方まで教えてくれるということで、私自身も楽しみな講座でした。

当日は、4組のママ&プレママが参加してくださいました。
もう1組参加予定の方がいらっしゃいましたが、お子様の体調不良で参加できず残念でした。

スリングのメリットについて色々お話された後、スリング、おんぶ紐、兵児帯を、パパっとママたちに装着していきます。

まずはきちんとつけるとこんなに軽く快適なんだということを感じてもらってから、具体的な付け方を教わります。

おんぶ紐や兵児帯は、私自身も使ったことがなかったので、その様子を見ながらおおお〜と勉強になりました。

例えば昔ながらのおんぶ紐。
普通の抱っこ紐でのおんぶよりも、お子さんの顔の位置が高いところに来ていますね。

お子さんの位置を高くしておんぶすることがコツだそうで。
とても軽く感じるそうです。

あと兵児帯(へこおび)ですが、実はただの長〜い5mくらいある布なんですよ。
それをくるくる巻いていくと…

こんな感じに抱っこができます。

普通の抱っこ紐に比べて密着感が高く、より軽く感じられるそうです。

密着しているから暑いのかと思いきや、しじら織と呼ばれるスリングでも使われていることの多い布地のものであれば、夏でも快適に過ごせるとのことでした。

確かに私もしじら織のスリングは、夏でも快適に使えていました。

災害時なんかで抱っこ紐がなくても、長い布があれば兵児帯の巻き方で抱っこ紐代わりになります。
東日本大震災の時も大活躍したそうで、ここ数年でまた見直されてきているようです。

最後は、親子フォト&マタニティフォトを撮影させて頂いて講座終了となりました。

マタニティフォト撮影のプレママは、予定日は年末と言っていたので、そろそろかな…^^
安産お祈りしています!

その他こぼれ話

私自身、娘が新生児の時にスリングに出会いたかった!という思いがあります。

悪戦苦闘しているうちにいつの間にかスリングが身に馴染み、色んなスリングを集めてまるでスリングコレクターのようになっていました。

片道1時間以上かけて、遠方のスリング講座まで足を運んだこともありました。

色んなスリングを見て買って、使い方を覚えていくうちに、娘が新生児だった頃を思い出しました。

当時、自分のスリングの使い方に不安があって、川崎周辺でスリングを教えてくれる場所を探したけど見当たらず。
気軽に教えてくれる人が身近にいたらもっと早い時期からスリング抱っこでの育児を楽しめたのに!
だったら、自分でやろう!と思い立ちました。

今でこそ、スリングでの育児を楽しんでいる私ですが、
当時の自分に伝えてあげられたらどんなに良かっただろうと思っています。

なので、当時の私と同じような境遇のママがいたら他人事とは思えなくて、私で力になるなら是非伝えたいと思いました。

あともう一つ、私がスリング講座をやろうと強く思った理由ががあります。
それはリング有りスリングの存在です。

世の中でやってるスリング講座は、ほとんどがリング有りスリング推しの講座です。
リング無しスリングの講座も存在するとは思いますが、当時の私が探した限りではリング有りスリング推しの講座しか見当たりませんでした。そして川崎周辺にはその講座すらやってるところがない。

ですが、私はリング有りスリングで挫折して、スリング自体を使わなくなってしまった人をたくさん見てきたので、それはとても勿体ないことだと感じています。

私が講師として開催する講座では、リング無しスリング、リング有りスリング、両方のメリット・デメリットをお伝えして、そして自分に合うスリングを見つけてもらうというスタンスをとっています。

私自身は特にどこのスリングメーカーとお付き合いがあるわけでもありませんので、利害関係もないです。

純粋に良いと思ったもの、そしてその方の使い方やフィーリングなどを見て、おすすめするスリングを決めています。

世の中にリング有りスリング推しのスリング講座が多いのは、もちろんリング有りスリングにそれだけの魅力と使い勝手があるから。
ですが、そのリング有りスリングの利用を推奨するあまり、スリングが難しいと感じてスリング自体を使わなくなってしまったら元も子もありません。

ですので、私はスリングの形にこだわらず、そのママにとって使いやすいと感じるスリングを、まずは使ってもらって子育てってこんなに楽できたんだ!と思える状態にしていくのが良いと思っています。

そんな感じで、スリングという道具をひとつ使いこなせるだけで、子育ての楽しさが広がるよ!でもリング有りスリングが難しいからってスリングの使用そのものを諦めちゃうママを見たことがある私としては、すごくもったいないよ!ということを、長々となりましたが書いてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です