[開催報告] コドモアトリエさんとコラボ・秋の工作WS&写真講座

もうすっかり冬の気配ですが、秋に開催したイベントの開催報告です。

川崎駅・矢向駅を中心に活動していらっしゃるコドモアトリエの川崎わかこ先生(ベビーサイン教室やベビードリームアートで大人気!)とコラボした秋ならではのイベントを10/21(水)に開催しました。

落ち葉や松ぼっくり、どんぐりなど、秋の自然を使った親子工作のワークショップをわかこ先生が、実際に作った作品やその場の子ども達を被写体にプチ写真講座を私が担当する、というイベントでした。

ベビーサイン教室の卒業生向けイベントで、tan de kids ではメールニュースのみでの募集でした。

急病でキャンセルされた方がいたものの、当日は1歳半前後のお子さんとそのママ4組が集まってくださいました。

以下は、落ち葉を使って王冠を作っているところ。楽しそうですよね♪

こんな王冠が完成していましたよ(^o^)

ちょうどハロウィン直前でしたので、仮装にもピッタリだったのではないでしょうか。

この工作WSの最中に、初めて糊を使ってみた!ハサミを使ってみた!というお子さんも。こういう工作の道具って、いつから子どもに使わせて良いか悩ましいですよね。

わかこ先生はそういった悩みにも、的確なアドバイスをくださいます。

ハサミを初めて使う子どもには、こんな風に教えると良いよ、こんなものから切らせてあげると上達が早いよ、などなど。

他にも楽しそうな工作WSの様子を写真でご紹介!(クリックで拡大します)

子ども達がとっても真剣に楽しんでいるのが分かりますか?

私自身も撮影しながら、あ〜娘を連れて来れば良かった!!と羨ましくなりました。

工作WSでは、落ち葉が痛みにくい洗い方やドングリなどの保存の仕方のアドバイスをもらい、単に拾ってくるだけじゃ扱いにくい自然のモノをうまく取り入れた子どもとの遊びのエッセンスを教えて頂くことができました。

その後、私が担当のプチ写真講座

いつも住まいるカフェなどで定期開催している体験会よりも、更に内容を凝縮した本当に「プチ」な講座となりました。その代わりに、いつも体験会ではお付けしないレジュメを特別プレゼント!

私が担当の講座なので、その風景の写真がなくて申し訳ないです。。。

これを機に、お蔵入りしていたカメラをまた活躍させて頂けると嬉しいなと思います♪

そんな感じで

わかこ先生との初のコラボイベント、無事に開催できました。

今後も単発で何かやれればいいな〜と思っているのですが、わかこ先生がとてもお忙しいので…どうなるかな。また是非やりましょうね、わかこ先生!(^o^)/

実は私も娘が7ヶ月の時からわかこ先生のベビーサイン教室に習いに行っていて、ベビーサインのおかげで育児が楽しい!と言っても過言ではないくらい、本当に楽しい教室でした。

娘は現在1歳9ヶ月になって、単語もたくさん話すようになりましたが、それでも伝わりにくい言葉や感情は未だにベビーサインを駆使して伝えてきてくれます。おそらく同じ月齢の子と比べてもかなり意思疎通が出来ているので、とても助かっています。

ベビーサイン教室が縁で、その後もわかこ先生が主催する子ども向けお絵描き講座などにも参加させて頂いていますが、なるほど!と思う発見が毎回あり、楽しませて頂いています。

実際、私が写真を軸にしたベビーサロンをやろう!と思ったきっかけも、わかこ先生でした。

1級建築士という異色な経歴を持つ、わかこ先生。

本当に多彩な方で、ベビーサイン教室以外にも、ベビードリームアートや子供向けお絵描き教室など、アートな講座もたくさん開催されていらっしゃいます。

どの講座もすぐに予約が埋まるという大人気っぷりです。

興味がある方は、是非わかこ先生の教室「コドモアトリエ」のサイトをご覧くださいね!

イベントその後のこぼれ話

このイベントの後、私も娘とさっそく落ち葉などで遊んでみました。

落ち葉に丸いシールを貼って擬人化して遊んだり、松ぼっくりを娘のおままごとセットの鍋にこっそり入れておいたら、松ぼっくりを初めて見た娘(当時1歳8ヶ月)はベビーサインの手振りを交えながら「にゃーにゃーのウンチ!(猫のウンチが入ってる!なんで!?)」と大騒ぎ。笑

これは松ぼっくりって言うんだよ、って教えてあげたら渋々納得して、何かの料理の具材に見立てて遊び始めました。

子どもって本当に面白いな〜。

そんな後日談でした。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です